· 

正しいスクワットとは?正しいとは何なのか?

スクワットとは??


下肢を中心にトレーニングが可能な【スクワット】はアスリートやダイエッターなど幅広い分野で行われているエクササイズの一つです.

スクワットの定義は,立位から下肢を曲げて腰を下げまた立ち上がるエクササイズ(wikipedia;suquatより)です.

ポイントとしては,下肢および体幹後面の筋を主にトレーニングできることです.

 

 

スクワットの正しさとは?


よく正しいスクワットという言葉を聞きますが何を持って正しいとするかが重要です.

筋力トレーニングのエクササイズだと考えると,目的とする筋にアプローチ出来れば正しいと言えるはずです.

つまりどの筋に焦点を絞るかで正しいスクワットは変わる訳です.

これは覚えておきましょう.

 

一つ気を付けたいのは,正しいスクワットという言い方は決して正解ではありませんが,【正しくないスクワット】はあります.

怪我を助長する可能性もあるので間違ったスクワットはやめましょう.

 

 

スクワットの姿勢で何が変わるのか?


スクワットの姿勢でどの筋にアプローチ出来るかは物理学で判断できます.

 

関節の運動軸と重心の水平距離が大きいとその関節でのトルクが大きくなり該当する筋への負荷も大きくなります.

 

大腿四頭筋に焦点を絞ったスクワット

上の図のように体幹を垂直にして膝を前に出すスクワットの場合を解説します.

青い丸は膝関節の運動軸を表し,青い四角は膝より上の身体部分(大腿,骨盤,体幹,上肢,頭部)の重心と仮想しています.

膝の関節軸と重心位置の水平距離が大きいので膝にかかるトルクも大きくなります.

黄色丸は股関節運動軸で,黄色い四角股関節より上の身体部分(骨盤,体幹,上肢,頭部)の重心とします.

関節軸と重心の水平距離がほとんどなく股関節への負荷はほとんどないと考えられます.

足圧中心や足関節のトルクにも左右されますがここでは省略します.

 

この姿勢であれば大腿四頭筋に大きく負荷をかけられ,四頭筋を大きくしたい場合はこの姿勢でのスクワットが【正しい】のです.

 

 

臀筋に焦点を絞ったスクワット

上の図でも考えてみましょう.

膝関節の青い丸と青い線との水平距離が小さく膝でのトルクは小さいと考えられます.

反対に緑色の丸で表される股関節軸と緑色の重心位置との水平距離が大きく股関節への負荷が大きくなります.

 

つまり,膝関節の伸筋つまり大腿四頭筋にアプローチしたいのであれば膝を前に出して体幹を前傾させずにスクワットをすべきとなります.

股関節の伸筋,臀筋にアプローチしたいのであれば,下腿を前傾させず股関節を後方に突き出し,体幹を大きく前傾させるスクワットが【正しい】わけです.

一般的には上の図のような下腿も体幹も前傾したスクワットが【正しい】とされます.

確かに膝への負荷や腰への負荷を抑えて,大腿にも臀筋にも負荷をかけられます.

しかし,四頭筋や臀筋へ特化しているわけではないので,臀部だけ大きくしたいのにこの姿勢では大腿も太くなります.

つまりこの目的に対しては【正しい】とは言えないのです.

 

ちなみに少し前は,体幹を垂直にしてお尻を後方に突き出す姿勢のスクワットがよく指導されていました.

そのスクワットはフリーウェイトでは出来ません.不可能なのです.

重心位置が支持基底面上にないと人は静止立位を保てないからです.

 

おそらくスミスマシンで行われていた指導をそのままフリーウェイトで考えてしまったのでしょう.

 

 

正しくないスクワットとは?


正しさとはそれぞれでしたが,ではしてはいけないスクワットとはどのような姿勢でしょうか?

上の図のように背中が曲がってしまう姿勢は腰椎に負荷がかかり,腰痛のリスクが高くなります.

背中を反らせすぎるのもNGですが,しっかり体幹がまっすぐになっているようにしましょう.

赤線で示しているハムストリングスの柔軟性が乏しいと腰椎が曲がることもあるので,柔軟性のチェックもしておくと良いですね.

また上の図のようにつま先と膝の向きが一致しないスクワットも注意が必要です.

膝関節の回旋弛緩性が大きくなったり運動イメージにズレが生じたりすることで運動中の怪我や関節痛のリスクが増大します.

膝の向きとつま先の向きに注意しましょう.

 

 

スクワットの注意点


スクワットはBIG3と呼ばれるほどよく知られたエクササイズです.

簡単に行えるので多くの人がやった経験があると思います.

姿勢に注意することで目的とする部分にしっかりアプローチが出来ます.

 

但し,負荷を集中させるということは身体にかかる負担も大きくなる点には注意が必要です.

四頭筋に負荷を集中するよう膝を前に出すと膝蓋大腿間説を含む膝関節への負担は大きくなりますし,臀筋に負荷を集中させるために体幹を前傾させると脊椎への負担も大きくなります.

 

負荷と負担を選んでエクササイズしましょう.

 

鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」
Sept. 㐂楽 鍼灸整体院の口コミ・感想をもっと見る

石川県金沢市香林坊1-2-40

 石川県教育会館1階 (香林坊大和 隣)

 

平日 10:00~20:00

土日・祝日 10:00〜18:00

*予約制

店休日:不定休

駐車場:完備

 

Phone : 076-214-8475

090-9024-9858

*施術につき電話応対が難しくなっております.

メッセージを残していただくか【お問い合わせフォーム】をご利用ください.

また当店の公式LINE】↓のご利用が最も便利です.

友だち追加

Mail :septkiraku@gmail.com

メディア紹介


キャンセルポリシー


キャンセルにつきましては予約日時に対する日程に関わらず,

当該予約があった事で他の予約をお断りした段階で全額の負担を頂きます.

ご了承ください.


↓ コラム ↓


続・理想の投球フォーム 〜バイオメカニクスから観た投球フォーム〜

球速にこだわる投球フォーム

興味深い動画をシェアします.

上下の投球フォームでは約20km/h程の球速差があります

 

この上下のフォームで特に球速に影響を与えている部分を考察します

 

全体的に観察すると,上のフォームは縦の意識が強いと言えます

早くから骨盤の横回転が始まります.

リードレッグブロック直前で体幹がややのけぞるような形になり,リードレッグブロック時も骨盤の横回転より屈曲の方が強調されています.

腕の振りも肩関節の外旋から内旋に頼り,肘の屈曲角度が大きく縦方向のリリースの意識があるのでしょう.

肘に対するストレスが大きい投球フォームになっています.

 

下のフォームについては,床反力が出力されいていない点は残念ですが,リードレッグが着地するまで骨盤の水平回転が抑えられています.

リードレッグブロックによって骨盤の水平回転が強調されています.

また胸の開きも抑えられているので,骨盤と上部体幹に捻転差が生まれています.

 

上下で見比べると,リリース付近で急激に手部の速度が上昇していることに気づきます.

 

 

 

バイオメカニクスからみた投球フォームの詳細は↓

0 コメント

正しいスクワットとは?正しいとは何なのか?

スクワットとは??


下肢を中心にトレーニングが可能な【スクワット】はアスリートやダイエッターなど幅広い分野で行われているエクササイズの一つです.

スクワットの定義は,立位から下肢を曲げて腰を下げまた立ち上がるエクササイズ(wikipedia;suquatより)です.

ポイントとしては,下肢および体幹後面の筋を主にトレーニングできることです.

 

 

スクワットの正しさとは?


よく正しいスクワットという言葉を聞きますが何を持って正しいとするかが重要です.

筋力トレーニングのエクササイズだと考えると,目的とする筋にアプローチ出来れば正しいと言えるはずです.

つまりどの筋に焦点を絞るかで正しいスクワットは変わる訳です.

これは覚えておきましょう.

 

一つ気を付けたいのは,正しいスクワットという言い方は決して正解ではありませんが,【正しくないスクワット】はあります.

怪我を助長する可能性もあるので間違ったスクワットはやめましょう.

 

 

続きを読む 0 コメント

スポーツにおける『腰を落とせ』の危険性

漫画 『SLAM DUNK』 より
漫画 『SLAM DUNK』 より

スポーツ現場でよく『腰を落とせ』という言葉を耳にします.

この言葉の危険性について解説します.

 

まずここでは腰を落とす目的を,【重心を低くするため】として解説します.

もし他の理由が考えられるようでしたらコメントをお願い致します.

 

スポーツの場面で重心を低くするのは,クイックネスにとても有用で素早く動くためには必要な条件です.

しかし,【重心を低くする】ことを『腰を落とす』と表現するとクイックネスの向上を阻害したりケガを助長したりする恐れがあります.

 

『腰を落とす』と『重心を低くする』の違い

具体的に両者の違いを説明します.

違いというよりは,【重心を低くする】事に【腰を落とす】事も含まれます.

腰を落とすというと多くの場合,下の図のようになります.

一方でスポーツにおける基本姿勢の【アスレティックポジション】はおおよそ下の図です.

続きを読む 0 コメント

理学療法士と鍼灸師から観た【トリガーポイント】と【ツボ(経穴) 】

今回は【トリガーポイント】と【経穴(ツボ)】について解説してみます.

最初に書きますが,ある手術の操作中の研究では,筋膜に対する刺激はほとんど痛みを感じないと結論つけられています.

より深く痛みや体の構造から考察し直したため,今まで考えられてきたトリガーポイントの概念を覆す形になりますが,トリガーポイントの考え方に疑問や違和感を持っている人には読んでもらえればふに落ちる部分があるはずです.

トリガーポイントとは?

トリガーポイントの定義は,“筋硬結と関連がある,筋における非常に過敏なスポット”とされています.

この概念は1942年にJanet G. Travell医師によって考案されたそうです.

あくまでも概念でありイメージング研究でもトリガーポイントの存在は証明されていません.80年近く前の概念が,医学的な発展を迎えた今でもほぼ変わらずに存在し続ける事の影響力は非常に大きいと言えます.

トリガーポイントの一例を図示します.

1及び2の✘印を刺激すると対応する1,2の赤い領域に反応が現れる事を示しています.

 

経穴(ツボ)とは?

経穴は以下のように説明されています.

経穴 (けいけつ) とは、中医学、漢方医学、経絡学の概念で、身体表面の特定の部位に指圧、鍼、灸で刺激を与えることで体調の調整、諸症状の緩和を図れるとするものである。一般には「ツボ」とも呼ばれる。筋筋膜性疼痛症候群(Myofascial Pain Syndrome)におけるトリガーポイント(例えば腰痛の原因となる筋・筋膜内の好発部位)と大半が一致する。偽の刺激よりも真の経穴への刺激の方が効果は高い。” Wikipediaより

 

続きを読む 0 コメント

無回転シュートの蹴り方〜説明されない【足首】と【身体の傾き】〜

ブレ玉の蹴り方

・足首に力を入れる⇐かなり強く

・体幹の傾きを維持

他にも

  • 中心を(ボールの芯)を蹴る
  • まっすぐ押し出す

など他の蹴り方の説明でもありますが,自分で試した所それだけでは蹴れないという実体験も踏まえて考察した結果,ブレ玉を蹴るには,【足首】と【体幹の傾き】この二つの意識が重要なようです.

 

あと前提としてインステップに近い部分で振り向く無回転の蹴り方です.

インサイドに近い振り方の場合は少し変わります.

詳しく解説していきましょう.

ブレ玉解説

ブレる理由

続きを読む 1 コメント

美容鍼に合わせて行いたい日常の注意点

美容鍼をご利用の方にはなるべくお伝えしてるのですが,伝えきれてない事もあるかも知れないのでここでまとめてみます.

 

日常生活の中での少しの習慣を見直す事で美容面や体調面に変化がありますので是非試してみてください.

美容鍼 健康

食事が重要!身体は食べ物から出来ている!

まず大事なのは,食べ物です!

身体は食べ物からできているので

  • どれくらいの量か?
  • 何を食べたか?
  • 何を飲んだか?

によって,体調や美容に大きく影響します.

 

体重の管理,ダイエットだと考えやすいですね.

『食べれば太るし食べなければ痩せる』

遺伝的体質によって個人差はありますが,基本的にはこの原則です.

 

【何を】というのももちろん大事です.

栄養素はおおよそ,炭水化物・タンパク質・脂質で大別されます.

それぞれの割合がどうなっているかでも身体への影響は変わります.

 

炭水化物ばかりだと血糖値が上昇しやすく,高血糖の環境に慣れてしまうと血糖のコントロールが難しくなり糖尿病を引き起こしかねません.

 

タンパク質が不足すると筋肉が分解されてしまうため,同じ体重でもしまりのない緩んだ身体になってしまいます.病的に不足すると浮腫みなども引き起こす可能性があります.

 

脂質はg当たりのカロリーが最も大きいので,脂質を多く含んだ食事を続けると太ると言われます.

ただし,重要な細胞膜を構成するのは脂質であるため,脂質がないと組織が健全に保てない可能性もありますので脂質も大事な栄養素です.

最近はω-3脂肪酸としてアマニ油やエゴマ油,魚油などが注目されていますね.同じ脂質でも内容によってまた違います.

 

 

エゴマ油
健康面で有用とされるえごま油(無農薬栽培)

美容という意味合いで考えれば,それぞれの栄養素をバランス良く が大事ですが,現状の平均的な食事から考えると,炭水化物を少なめにタンパク質を意識して摂りましょう.

エゴマ油もあると一番ですが,まだ良質のエゴマ油は手に入りにくい状態ですので,魚類を意識して摂るようにしましょう.

ビタミンや他のミネラルも大事ですので,サラダや海藻類も忘れないように.

 

もちろん個人の健康状態によって違いますので注意が必要ですが,食事の注意を続ければお肌のハリやうるおいが変わってきますよ!

美容鍼で皮膚表面の血流が良くなって潤ったお肌も続きやすいです.

 

 

 次は水分についてですね.

よく『2ℓを目安に水分を摂る』と言いますが,まさにその通りです.

 

夏場は暑かったり,脱水や熱中症のニュースも多いため水分摂取は進みますが,寒くなってくるとどうしても水分の摂取は減ります.

この時期は暖房などで乾燥もしますから,水分摂取が減っているのにあいまって肌のうるおいが失われがちです.

肌のうるおいがなくなると,皮膚のバリア機能も下がるためニキビなど吹き出物も出やすくなります.

また,脱水状態になると身体が水分を蓄えようとして浮腫みやすくもなるので,肌のうるおいのためだけでなく水分を摂る事が大事です.

 

さらに水分が少なくトイレに行く回数が減ると身体の老廃物がたまり思わぬ体調不良を引き起こします.

実際に経験した話だと『尿酸値が上がり痛風になりかけた』とか『胆石が発見された』などがあります.

 

水分摂取は習慣としないとなかなか難しいので,例えばですが,

  • 食事の際に必ずコップ1杯水を飲む
  • 午前中と午後にコップ1杯飲む
  • お風呂と寝る前に1杯飲む

など決まりごとにしておくと一定量の水分摂取が期待出来ます.とてもおすすめの習慣です.

便秘も解消される事が多いですよ.

 

続きを読む 0 コメント

球速・飛距離アップ!野球,ゴルフなど決められた場所でパワーを生み出す方法

野球 ゴルフ バッティング ピッチング 投球

バッティング,ピッチング,ゴルフスイングの原則

ゴルフスイングは基本的に両脚が動かない状態で行います.

野球のバッティングもボックス内で,スイング中は一歩踏み出すだけの決められた範囲です.

ピッチングも同様にプレートに足を付けた状態から,一歩踏み出すフォームです.

 

この決められた範囲で出来るだけ大きいパワーを生み出す必要があります.

そのパワーを生み出す方法について解説します.

 

野球やゴルフで悩んでいる人は↓も是非

【投球全体の詳しい解説】⇒理想の投球フォームとは

【バッティングについての解説】⇒バッティングフォームの科学

【ゴルフスイングについて】⇒スコアアップのためのスイングバッティングとゴルフスイングの違い~スライスに悩む人へ~

投球・【投げる】から球速を生むパワーの源を考える

それでは本題に.

いかにパワーを生み出すかについて【投球】を例にします.

野球と比べた時,同じ動作でもある程度自由に動ける【クリケット】での投球を観ます.

続きを読む 2 コメント