· 

プロ野球選手の投球における早期コッキング期のメカニクスと上肢手術のリスク  Early Cocking Phase Mechanics and Upper Extremity Surgery Risk in Starting Professional Baseball Pitchers

野球 投球フォーム 肩 肘 痛み スポーツ障害

背景

早期コッキング期におけるメカニクスは,プロ野球選手における上肢の手術に影響すると予測される

 

目的

メジャーリーグベースボール(MLB)投手において逆Wポジション*と早期体幹回旋**はどのくらい見られるか,またそのフォームが上肢の手術と関係あるかを調べる

 

方法

2010年のMLB投手250人,ピッチング15~20球をスローモーションにて,逆Wポジションと早期体幹回旋を知らべた.

外傷・障害データベースと照会した

 

結果

93選手に逆Wポジション,111選手に早期体幹回旋が見られた.

手術の必要性があった選手は,逆Wポジションでは28名,早期体幹回旋では37名であった.

 

まとめ

結果より早期体幹回旋は,上肢の手術との関係性が示唆された.

逆Wポジションに関しては,手術の必要性の有無に関係性はなかった.

 

 

 

*逆Wポジション:コッキング期において,投球側もしくは両側の肘が肩より上に持ち上がる状態

**早期体幹回旋:投球側と反対側の足が地面に着く前に体幹が捻りが始まる状態

 

 

Early Cocking Phase Mechanics and Upper Extremity Surgery Risk in Starting Professional Baseball Pitchers

Wiemi A. Douoguih,*† MD, Donald L. Dolce,‡ MD, and Andrew E. Lincoln,§ ScD, MS Investigation performed at the Department of Orthopaedic Surgery, MedStar Washington Hospital Center, Washington, DC, USA

石川県金沢市香林坊1-2-40

 石川県教育会館1階 (香林坊大和 隣)

 

9:00~(予約制)

駐車場:1台 

不定休

 

Phone : 076-214-8475

         090-9024-9858

*施術中は電話対応ができないことがあります.メッセージを残していただくか【お問い合わせフォーム】をご利用ください.

Mail :septkiraku@gmail.com

メディア紹介


鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」