· 

バイオメカニクスから考えるゴルフスイング~最速,最短で85切るまでのスコアアップ~

スコアアップのために必要なゴルフスイングの科学

ゴルフ スイング タイガーウッズ

スコアアップを目指すゴルファー向けのコラムです. 

技術的な要素は80後半までが目安.

 

前半はゴルフ初心者のために,80台を目指すゴルファーにもスイングの見直しにおすすめです!

 

飛距離を伸ばすためのパワーの作り方は↓を読んでください.

飛距離を1ヤードでも向上させる下半身の使い方

 

野球経験者ででスライスに悩む方は↓が参考になります.

バットスイングとゴルフスイングの違い〜スライスの理由〜

 

 

最短最速の上達ために必要な意識

・グリップはストロングに!

・ダウンスイングからインパクト直前まで肩関節外旋を維持する!

・骨盤と上部体幹の捻転差を作る!

・左手首の掌屈と右手首の背屈

・アドレスとインパクトでは体とボールの位置関係は全く別物

以上を意識する事がゴルフの上達を最速・最短にしてくれる原則になります.

重心の位置や膝の動きを言うことがありますが,それは上の原則の形を作りやすくしているに過ぎません.

重心の位置のや膝の動きが少々違ってもスイングは成立します.

プロゴルファーでも様々なスイングがあるのはそのためです.

 

 

以下は詳細の解説になります.

グリップ クラブの握り方


スイング1つとっても様々ですが,まずはグリップ

 

握り方はそれぞれありますので自身が合う握り方が大事です.

ただ原則やプロはどのようなグリップかは知っておいた方が上達が早いと思います.

ゴルフスイング グリップ

個人的な好みとしてはインターロックですね.

一時は好きなプロ選手のマネをしてオーバーラップでしたが,安定するのはロックでした.

 

グリップの時に一番間違いやすいのは野球バットを握るように『手のひらで握ってしまう事』です.

図の右下を参考にして【指】で握るイメージにしましょう.

 

 

ニュートラル?ストロングか?ウィークか?

hackmotion.comによるツアープロとアマチュアでリード側(右打ちにとって左手)の手首の角度を比較したデータがとても興味深く,プロはスイング全体を通して手首が背屈している(甲側に曲がる)のですが,アマチュアはアドレス時に背屈角度が小さく,バックスイング,トップ→ダウンスイング途中まで極端に手首が背屈するというデータがあります.

ゴルフスイング 手首 背屈角度 データ

このグラフから考えると,プロはストロングでグリップし,その手首の角度を維持している事が確認出来ます.

Martin Hallも『フェースに対して左手の甲が90°になっている状態でグリップするのが良い』と話しています.

アマチュアはダウンスイングで急激に背屈角度が増加します.これはメカニクスから考えるとアウトサイドインの起動になり【ひっかけ】や【スライス】の原因の一つになります.

 

グラフの【スイング中の手関節背屈角度】についてはとても良い知見だと思います.

私自身この意識でグリップを変えたところミスショットが減りました.

 

 クラブのフェース面をボールに合わせた時に,左手の甲が体の正面を向くくらい左手は内側に捻る(前腕を回内する)とショットは安定しやすいようです.

また,左手の親指は指紋がしっかりグリップに付くように握り,右手の親指は少し内側にずらすようにすると良いグリップになります.

 

ただし個人差もあり,2020年MastersタイトルのD.Jhonson選手や2021年USオープンタイトルのC.Morikawa選手はウィークにグリップしトップの位置から手首は掌屈しています.

下の写真はマスターズ2020年と2021年の優勝者を比較しています.

同じトップでの切り返しのタイミングですが手首の曲がっている角度は双方で違いがあります.

手首の使い方にもある程度バリエーションがあるため自分にあうスイングを知る事も良いでしょう.

 

ゴルフ スイング golf swing wrist bow 手首 使い方

グリップを変えると最初は頼り無くてグラグラすると思います.

この理由は 

①慣れない事 

②手首の角度(撓屈・尺屈)

が考えられます.

①についてはスイングを続ける事で解消出来ます.慣れることも必要です.

 

②については初心者によく見られますが,腕とクラブに角度が付いてない状態です.

ゴルフ スイング

腕の黄線とクラブの赤線の

角度が小さく直線に近い

ゴルフ スイング アドレス

黄線と赤線に角度がある


身長やクラブによっても差がありますが,『手首を立てる』状態を保つ必要があります.

この手首を意識するとグリップのグラグラ感もなくなりスイング軌道も安定します.

 

また,手首の角度が小さいとクラブのグリップが身体の近くを通れないので横振りになりやすく,前腕を回内外する力が充分に使えないので飛距離も小さくなります.

ただし,これも個人差があり飛ばし屋の DeChambeau選手のドライバーアドレスではこの手首の撓尺屈はとても小さいです.

スイングプレーンについて

スイングプレーンとは,クラブが通る【面】の事を言います.

一般的にはこれが安定しないとボールの飛ぶ方向も安定しません.

ゴルフ スイング

上図における緑の線で表される面をスイングプレーンと考えてください.

 

 

この面も身長やクラブの種類,個人差がありますが,プレーンのどの位置でボールを捉えるかでボールの飛球方向と曲がりに影響が出ます.

インパクトのタイミングと方向

赤い線がスイングプレーンをアドレスした所から観た状態です.プレーンが身体の軸に対して真っ直ぐなプレーンをイメージしています.

クラブヘッドの軌道を【赤線】で,ボールの飛球線を【青】で表しています.

(*必ずプレーンはこの軌道にならず,飛球線も条件によってはわずかにズレますが,便宜上のものとしてください.)

ここでは、常にプレーンに対してクラブのフェイスが垂直になっていると仮定します.

 上の図のようにプレーンの一番先端(正面)でボールをとらえた場合,ボールはその接線の方向に真っ直ぐ打ち出され曲がらずストレートに飛びます.

しかし下の図のようにプレーンの先端からずれた場合はそれぞれボールをとらえたプレーン上の【接線】方向に飛びます.

プレーンの軌道(接線)に対してクラブフェイスが垂直であれば,ボールは基本的に曲がらず打ち出された方向に飛びます.

ゴルフスイング プレーン
ゴルフ スイング プレーン

クラブフェイスの向きとクラブの軌道

 クラブフェイスの向きとクラブの軌道によっては飛球方向とボールの曲がりが決定します.

この項目については自身のフィーリングとは異なる部分がありますが,現状でTrackmanでの解析結果から考察します.

 

一般的なスイングであれば,クラブフェイスの向きにボールは飛び出しフェイスの向きよりインサイド・アウトにスイングすればドロー,アウトサイドインであればフェードの曲がりになります.

曲る方向についてはフェイスの向きとスイング軌道の関係によるので,Trackmanでいうところの,フェイストゥパスが曲がりを決定すると言えます.

ただし,フェイスの向きもスイングの軌道もお互いを修飾する作用があり,フェイスが開けばフェードに閉じればドローの球筋になりえます.

原則としてフェイスが向いた角度の約75〜85%にボールは飛球するようです.

ゴルフスイング 
フェイストゥパス (blog.trackmangolf.comより)

上図はボールの曲がりを決定するフェイストゥパスを表したものです.

点線に沿った青い矢印がクラブパスでスイングしたときのクラブヘッドの軌道を表現しています.

赤い矢印はフェイスの向きを表しています.

この青矢印赤矢印の角度の差が【フェイトゥパス】になります.

フェイストゥパスが軌道より左側だとドローに右側だとフェードになります.

 

ゴルフスイング プレーン フェイス 向き フック ドロー
ゴルフ スイング フェード スライス

上の2つの図ともプレーンの先端(正面)でボールをとらえたとして,

  • クラブのフェイスがボールの飛球方向より左を向く(フェイスが閉じる)とボールはフェイスの向きの75〜85%の角度で飛び出した後,やや左に曲がります.
  • 反対にフェイスが右を向く(フェイスが開く)とボールは右に飛び出した後やや右に曲がります. 

フェイスが『開く』のと『閉じる』違いで,ボールの高さや飛距離も変わりますが,スコアで言うと90台まではこの『高さ』や『飛距離』の誤差による影響はない物と考えても良いと思います.

 

このフェイスの向きによるボールの曲がり方は,インパクトのタイミングがずれてプレーンの先端(正面)ではないところでも同じように曲がります.

 

 

ゴルフスイング スライス プレーン

アウトサイドインに入って

フェイスが開いた状態

ボールはプル側に左に飛び出し右に曲がる

ゴルフスイング スライス

インサイドアウトで

フェイスが開いた状態

右に飛んで右に曲がる


プレーンの先端(正面)を追い越した位置でボールをとらえた時,クラブフェイスが開いて接線より右を向いていると,ボールは接線に沿って左(プル側に)飛び出した後右に曲がります.

プレーンの先端の手前でボールをとらえてもフェイスの向きの影響は同じです.

 

反対にクラブフェイスが閉じてプレーンの接線上より左に向いている場合は,ボールは左に曲がる事になります.

 

スライスに悩む人はここをチェック

  物理的に考えれば球が飛び出した方向とどちらに曲がるかを見ればその人のスイングのクセがわかります.

 

そうすると球筋は

  • 打ち出し:左右・真ん中の3方向
  • 曲がり:左右・まっすぐの3方向

この3×3の9種類のスイング軌道に分類されます

 

ゴルフスイング スライス フック 

それぞれに原因があるのでこれさえ分かれば,改善すべきところが明確になりスコアは大幅に向上します.

 

スライスは軸やタイミングのずれで

  • クラブがアウトサイドインの軌道になる事
  • フェースが開く事(閉じない)が原因です.

自身では思ってなくても動画で撮ると自身のイメージと異なっている事もあるのでチェックしてみてください!

 

特にアウトサイドインで多いのは,ダウンスイング途中のコックのリリースが早くスイングプレーンの半径が大きくなるため,アウトから入るパターンです.

 

またフェースが開いたままになるのは腕の返しや手首の使い方に誤りがあるためです.

 

左手首の使い方を動画で提示します.

インパクトゾーンで親指が下を向き,手首の甲が飛球線方向に押し出されている感覚です.

運動学的な言い方では,手関節の掌屈と尺屈が起こっています.この動きがないとほぼアウトサイドインの起動になります.

実際両手でスイングするとインパクト後はこの形になりませんが,意識としては重要な手首の使い方になります.

 

さらにタイガー・ウッズ選手の著書や海外の著名なコーチは,『右手がボールの飛球線と握手をするようにフォローを取れ』と解説しています.

この動きを意識するとコックのリリースにもタメが出来,インパクトでもフェイスをスクエアに保ちやすいはずです.

 

他にバイオメカニクスから考えると,

・胸の開きが早い

・右肩関節の外旋が保たれていない

事もスライスになる原因と考えられます.

骨盤と上部体幹の捻転差を意識することや右肩関節の外旋を保って両肘が近いままダウンスイングを行うと良いでしょう.

 

右腕の動きについては下の動画です.

よく『ワキを締める』といいますが,ワキを締めるだけではスイングは良くならず【肩関節の外旋】が必要です.

右肘がボールを指すような方向で,手は飛球線後方を向くような形が重要です.

 

右腕の動き単体で言えばボールを投げる【ピッチング】のメカニクスと同様になります.

 

上述したようにフェイスの向きでボールの高さや距離も変わりますが,90台までのスコアであればボールの高さより左右の問題で解決出来る事が多いのでまずはここを意識しましょう.

 

また野球出身の人でスライスが多い理由を⇨ゴルフと野球の違いは●●● スイングの同じトコロと違うトコロ!で解説していますのでこちらも参考にしてください.

野球と比較するとゴルフスイングはバットスイングとは別物で,先程述べたようにゴルフスイングの右手のメカニクスはピッチングと同様です.

インテンショナルの打ち方

クラブフェイスの軌道と向きで打ち出しの方向と曲がる方向が決まるので,意図的にドローやフェードを打ち分けたい時は,フェイスの軌道と向きを意識的にコントロールすればインテンショナルが打てるという事になります.

ゴルフのスウェイについて

ゴルフではスウェイが良くないと言われます.

果たしてスウェイの何がいけないのか?

 

様々なレベルのゴルファーのスイングを解析したGolftec(https://www.golftec.com/swingtru) によると,初級者からプロへのレベルの上昇に伴ってスウェイの量と相関があるようです.

ゴルフ スイング スウェイ
ゴルフ スイング スウェイ


これはトップの切り返しでのスウェイ量を見たものですが,下のようにインパクトのタイミングでも同様の相関が認められています.


この結果を見るならば積極的にスウェイさせ,骨盤と体幹の捻転差を生み出す事が上達への近道と言えるでしょう.

この動きは投球フォームやバッティングにおける【ヒップファースト】に通じる部分がありますので,スイングとしては正しいメカニクスと考えて良いと思います.

おそらくスウェイする方向や体幹との位置関係にズレが生じる事がNGとなったのかもしれません.

 スウェイは絶対悪ではないと考えるのが妥当でしょう.スイングはそれぞれの個にあった物が大切ですのでスウェイした方が安定するのであれば問題ありません.

 

ゴルフのヘッドアップについて

ゴルフのヘッドアップについて考察します.

【ヘッドアップ】については2種類の意味で捉えられていると思います.

ひとつは『インパクトで顔が飛球線上を向いてしまう』こと,

もうひとつは『インパクト時に体が伸び上がり頭の位置が高くなってしまう』ことです.

 

このふたつの動きは,インパクトでボールを見切る事になりミートが悪くなったり,体が伸び上がりトップしたりするので抑制するようアドバイスされることが多いです.

しかし,LPGAツアー72勝を収めたアニカ・ソレンスタム選手は,インパクトと同時に伸び上がるようになり目線も早いタイミングから飛球線上に向きます.

この動きは一般的なゴルフスイングにおけるメカニクスとはかけ離れているようですが,パフォーマンスは良いのです.

 

 

アニカ・ソレンスタム ゴルフ スイング golf swing

上の写真でも分かる通りインパクトの手前の時点で顔が飛球線方向に向き始めています.

 

 

手首の動きでも述べましたが,その人に合ったスイングもあります.

たとえヘッドアップしたとしても,飛球がイメージ通りであれば修正する必要はないと考えます.

 

ではヘッドアップを治したいときはどのような方略が良いでしょう?

顔が飛球線に向いてしまう場合と体が伸び上がってしまう場合に分けて考えてみます.

 

まず顔が飛球線に向いてしまう場合ですが,よく『ボールの行き先を見たいから』という理由付をされますが実際はそうではないでしょう.

もちろんその理由がゼロではありません.しかしバイオメカニクス上の理由のほうが影響は大きいです.

 

このコラムを読んでいる【今】,胸を左90°に向けてみましょう.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一瞬でも顔も左に向いた人がたくさんいるはずです.

人の首の動きは,首より上の動きでは独立して動きやすいですが,土台となる胴体が動くと頭・頸部が分離されず胸の向いた方向に顔も向きやすくなります.

今見ている【画面】に注意があったとしても自ずと胸の向いた方向につられてしまう訳です.

これはゴルフのときも同様で,インパクト時点で胸はボールより飛球線上の先を向くのでその動きに顔もつられてヘッドアップしてしまう,というのが正しい理由付です.

なので例えボールを見続ける意識があったとしてもヘッドアップはしやすいのです.

この場合のヘッドアップを治すには,意識的に胸が回転する方向と反対に顔を向ける意識が必要です.

具体的な例えでは,右利きであれば『意識的に顔を右に向ける』ことや『顎を右肩にぶつける意識』,『胸を飛球線後方に向けたままスイングする』があります.

はじめは違和感が強いですが繰り返すことで徐々に飛球線に顔が向いてしまうクセが治ります.

 

次は体が伸び上がったヘッドアップです.

アドレスで曲がっている膝をインパクトにかけて鋭く伸ばすため,バイオメカニクスとして体はどうしても伸びやすくなります.

体を前傾させる意識だけではほとんどの人は頭部の位置を低く保てないでしょう.

飛球線後方から自身のスイングを確認すると良いですが,膝が伸びる瞬間に骨盤がボールの方向へ移動しているはずです.

結果として支持基底面内に重心を置くために体が伸び上がるようになります.

この理由で伸び上がる場合,左股関節の位置を意識しましょう.

左股関節を左後ろに引くイメージで骨盤の横回転を行うと体幹の前傾を保ちやすく,頭部の位置を低く保持出来るはずです,

 

この体の伸び上がりはスイングプレーンのズレにも影響します.

 

 

ヘッドアップとスイングプレーンの安定

スイングプレーンの話に戻しましょう.ここまで説明したようにスイングプレーンとクラブフェイスの向きさえコントロール出来ればボールを飛ぶ方向もコントロール出来ます.

ですが,スイングプレーンが乱れるとクラブヘッドとボールの位置関係もずれるのでミスショットが増えます.

プレーンを安定させる事がとても大事なのです

 

では,スイングプレーンは何が影響しているのでしょう.

 

プレーンのコントロールには身体の軸が影響します.

軸は3次元で決定されるのでパターンは無数にありますが,身体の前後の動きと横の動きを考えます.

 

ゴルフスイング 軸 スライス
ゴルフスイング 軸 テイクバック
ゴルフスイング 軸 

スイングにおける軸の前後のズレです.

アドレス⇒テイクバック までは軸が安定しています.

インパクトになると身体が起き上がり軸が垂直に近くなっているのが分かります.

  

ウッズ ゴルフスイング 角度

さらにWoods選手のスイングから考察します.

連続写真ですが,アドレスでは膝は少し曲がっているのに対してインパクトの時は左膝がほぼ真っ直ぐに伸びています.

この時に頭の位置を一定に保つためには体の前傾はアドレス時よりさらに深くする必要があります.

事実この写真では6°程度前傾が深くなっています.

骨盤の横回転と体幹の回旋でズレが生じているので前傾を保つためには体幹の側屈の運動成分も必要です.

 

体が起き上がり前傾が保てず,スイング軸が垂直に近くなると基本的にはスイングプレーンは水平に近づきます.

 

プレーンが横に近くなると水平軸で軌道を観た時,円弧のRが強くなるためインパクトのタイミングが合わない時にボールの左右のズレが大きくなります.

スイング プレーン

強調してありますが,インパクトが少しズレた時のイメージです.

赤線がプレーンが水平に近くなった時,はプレーンが保てている時です.

それぞれのクラブヘッドの軌道の水平成分を観察しています.

 

クラブ軌道が水平に近くなると赤線のように円弧のRが小さく正円に近いため,同じタイミングのズレでも飛び出す方向のズレが大きくなっています.

 

軸の左右や向いている方向にも影響を受けます.

軸の向きがずれたときのイメージです.分かりにくいのでまた加筆修正しますが,

赤楕円が正対したときのもの,

はスウェイが強ずぎると起こりますがあまりないと思います.

このプレーンになるとプッシュが出やすくなります.

は左股関節が後ろに下がってしまったり,右肘が降りずに手元が身体の遠くを通ることでアークの軸が左を向くパターンです.

一般的に初級者はこのスイングプレーンになる事が多く,スライスやひっかけてチーピンの原因となります.

     

スイングの例をTwitterから抜粋します.

クラブフェイスのコントロールには

クラブフェイスのコントロールは前腕の回内外が影響します.

かなり厳密なタイミングと細やかなコントロールが必要になり,ゴルフスイングの中ではかなりマイクロな部分です.

 

タイガー・ウッズ選手もスイング毎に手の小さな筋の働きが異なるというデータがあり,スイング途中に微調整しているという事です.

 

 

加筆中・・・

 

 

ゴルフスイングでマクロに意識する事


体幹の前傾角度

まずスイング全体で意識するのは【身体の前傾角度】です.

股関節で曲げる事を意識して背中はなるべく伸ばした状態で前傾します.

 

スイング途中,

  • テイクバック
  • ダウンスイング
  • インパクト

どのタイミングでも身体が起き上がってしまう事が多いです.

スイングのプレーンが安定しないので球筋も安定しません.

タイガー ウッズ スイング ゴルフ

タイガーウッズ選手のスイングをもう一度確認します.

アドレス時より体幹の前傾角度は深くなっていることが分かります.

 

体幹と骨盤の捻転差

 

次は【身体の捻り】です.

股関節を使って骨盤を横回転させ,背骨全体,特に胸椎を使って90度捻る角度が必要です.

 テイクバックの時,胸が飛球線後方を向き,フォローでは胸が飛球線上を向きます.

スイング全体で通して観ると,胸は後ろ側を向いてから飛球線上を向くので180°動く事になります.

その動きが出来ないと肘をしっかり伸ばしてスイングする事が出来ないため,腕だけで振るスイングに見えたり,スイングが安定せずミスショットが多くなります.

胸の向きを意識して骨盤からしっかり回転させましょう.

 

ちなみにスイングの途中,骨盤と体幹の捻転差は55°にも至ると報告されています.

この骨盤と体幹の捻転差が飛距離に関与します.

ゴルフスイング 初心者

体幹がしっかり回転しないと,

肘が曲がりキレイなスイングが出来ない.

この投稿をInstagramで見る

GOLF | Girls That Golf ⛳(@girlsthatgolfs)がシェアした投稿 -

ゴルフを始めたばかりの人は上のように腕と体の方向が一緒になっており,体の捻転差を使ったスイングがなかなか出来ません.

テイクバックしてトップを作ったら,まずは骨盤だけを回して体幹上部や腕は後から着いて来るような意識を始めのうちから作っておくと上達が早いです.

 

大げさに言えば,骨盤をとにかく先に横回転させる事を意識すると良いと思います.

上部体幹と骨盤との捻転差が小さい事が,クラブヘッドをアウトから引く事になり,アウトサイドイン軌道を誘発してチーピンやスライスの原因になると言えます.

 

このツイートでは,野球のバッターは骨盤と胸椎の捻転差が35°.

ゴルファーの捻転差は55°,野球のピッチャーは60°に至ると解説されています.

 

骨盤の回転を先行させて,上部胸椎との捻転差を生じる事がゴルファーに必要な事は間違いなく,中級者までのゴルファーではこの捻転差が不十分な場合がほとんどです.

飛距離を伸ばすスイングのパワーアップ


ここからはスイングの加速,ボールを飛ばす事について少しだけ解説します.

 

飛距離を伸ばすための体の使い方についてはこちら→スイング系のスポーツで飛距離を伸ばす方法 を参考にしてください.

 

基本的にボールを飛ばすパワーは,

  • 股関節の回旋
  • 胸腰椎の回旋
  • 肩関節の内外転・回旋
  • 前腕の回内外

で生まれると考えられます.

 

どこから動き出す事が力を生み出せるかと言うと,右の股関節からです.

この動き出しは右の股関節筋群の作用に右足の踏ん張った反作用を使ったものですが,右の股関節の動き出しに右膝がついてきます.

パワーによる飛距離アップの一番の近道は股関節の回旋のトレーニングをする事です.

 

トレーニングの概要をYoutubeで参照します.

負荷を増やしたり動作速度を大きくすることでさらにスイングに適したトレーニングになるのでおすすめです.

さらにその力の使い方をスイングに落とし込む必要があります.

 

イメージの仕方は人それぞれですので,同じように伝えるのは難しいですが,下の図のように右膝の後ろに【壁】があると仮定して,その壁を右膝で押すイメージが良いと思います.

『膝を真横に』と言うよりは,『股関節を開く』ようにして押すイメージです.

そうすると骨盤の左回転が生まれるのでヘッドスピードの向上に繋がります.

 

右の股関節が動くと言うことは骨盤の回転も始まっていますが,回転が始まった瞬間は手の位置(グラブ)は動き出していません.

上のTwitterの動画を見直してみてください.

 

このクラブの遅れが,骨盤と胸椎の捻りの差が大きな力を生みだし,理想的なクラブヘッドの軌道となります.

 

 

↓フィル・ミケルソン選手のスイングです.

左右は逆ですが股関節から動きだして膝がついてくるのが分かります.

この投稿をInstagramで見る

Phil Mickelson(@philmickelson)がシェアした投稿 -

 

骨盤がしっかり飛球線上に向いてからグラブが追い付いてくるのですが,ここからのフェイズで大事なのは左の股関節です.

よく左脚で壁を作るように と言われますが,あまり意識し過ぎると左の股関節が後ろに引けてしまって引っかけやスライスの原因となります

 

タイガーウッズ ゴルフ すいんぐ

若い頃のタイガー・ウッズ選手

インパクト時点で骨盤が飛球線上を向く

メジャー9勝のベン・ホーガン選手

左膝が前にでるスイング

往年の名選手にも色んなフォームがあり,左膝が大きく動く著名な選手もいるので壁の意識はそこまで強く持たなくても良いです.

ただ大事なのは、体幹の軸をずらさずに回転が出来るかどうかです.

 

ゴルフスイングの変遷

ゴルフはスポーツとして長い歴史を持っています.

その中にはゴルフクラブの進化,ボールの進化,それに伴いスイングにも変化があります.

昔はドライバーなどは木製でした.その流れでヘッドが球状の飛距離の出るクラブは『ウッド』と呼ばれます.

今はチタンなど金属製が主流ですので近年,『ウッド』から『メタル』という呼ばれ方になってきています.

さらにヘッドの大きさも以前は300cc程度の大きさでしたが,今では450ccを超えるヘッドのドライバーもあります.

 

ヘッドが大きくなりミスヒットもある程度許容されるようになりより飛距離を出せるようにスイングもパワーを求める事が出来るようになったと言えます.

さらにアイアンでもキャビティ形状のおかげでスポットが拡大し,上から打ち込むようなスイングでなく,横から払うようなスイングでもしっかり芯にあたるようになっています.

 

ボールについてもスピンがかかりにくくなり,曲がりにくくなったり吹き上がりにくくなったと言われています.

 

クラブやボールなどギアの進化やスポーツ科学の発展によりゴルフスイングにも変遷があります.

前述したように往年の名選手であるベン・ホーガン選手や日本で有名なジャンボ尾崎選手のスイングは現代で活躍しているゴルフ選手のスイングとはまた一つ違う所があると言えるでしょう.

ゴルフスイング ジャックニクラス

メジャー18勝のジャックニクラスのスイング

トップで左足が大きく動くスイング

ジャンボ尾崎選手や最近ではMatthew選手も同様のスイング

ベンホーガンのスイング

左膝が飛球線方向に積極的に動く


ゴルフクラブについて

 

おまけとしてゴルフクラブについて.

基本的にクラブは新しい物がいいですが,ゴルフを始める人にとって新品のクラブで始める方は少ないでしょう.

選べるのであればより新しい物で,

ドライバーなど【メタル】は大きめのヘッド,シャフトは人によりけりですが固過ぎず柔らか過ぎなければ大丈夫です.

反対に柔らかいものや固いもので特性を理解して振るようにすればゴルフは早く上達します.

 

アイアンはキャビティタイプが良いです.

スイートスポットが広めでショットが打ちやすく、ミスが出にくいのでモチベーションの維持にも良いですね!

ゴルフアイアン

キャビティタイプ

クラブの後ろが凹んでいる

ミスショットが出にくい

マッスルバックタイプ

クラブが平ら

操作性は良いがミスショットにはシビア


キャビティはヘッドが大きく当たって飛ぶスイートスポット(芯)が広いので,スイングが安定しない初級者でも打ちやすいのがポイントです.


マッスルバックはヘッドが小さのでスポットは小さいですが,操作性が良いためボールの方向性やボールの曲がる量をコントロールしたいゴルファーなど上級者に向くと言えます.


以前プロはほとんどマッスルバックでしたが,キャビティとマッスルバックの中間のハーフキャビティを使う選手も多くなりました.

個人的にはマッスルバックの見た目が好きです!

 

最後に

これからゴルフを始める方や,90を切るくらいの目標の方に向けてゴルフスイングを解説しました.

スコアを求めるのであれば,グリーン周りのアプローチやパターなど,ショートゲームの技術向上は必須です.

 

パターで言うと,『ホールを確認して見切ってから3秒は打たない』など統計学的な方法はありますが,感覚的な要素は経験するしかない部分もありますし,それぞれの感性で練習方法も変わってきます.

クラブをとにかく触る時間を長くすると,ボディイメージの延長としてクラブの扱いの正確性が向上するので,ショートゲームのパフォーマンスもアップすると思われます.

 

自分の球筋を見てスイングのクセを知る事で,スイングを治しやすいです.

自分のスイングを動画で撮って確認するのも運動学習としては良い方法です.

 

球筋にばらつきがある人はスイング自体が固まっていないのでもう少し練習してください!

 

ゴルフを楽しまれる皆さんへ,

  • ボールマークは直しましょう
  • 取れたターフは戻しましょう
  • ディボットになるなら目土をしましょう
  • 自分のパーティ以外もいる事を忘れず騒ぎ過ぎないようにしましょう
  • クラブハウスでは脱帽,ジャケット着用しましょう

マナーでありルールなんですね.

みなさんが意識するとそれぞれのゴルフがまた一つ楽しくなると思います!

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    英語学習ひろば管理人 (土曜日, 13 3月 2021 22:44)

    突然の問い合わせ失礼いたします。
    英語学習ひろばというサイトの管理人を行っている、ケントというものです。
    今回、御社の
    https://www.sept-kiraku.com/%E5%88%9D%E7%B4%9A%E8%80%85%E3%81%8B%E3%82%89100%E5%88%87%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0/こちらのページを拝見し、とても良い記事だと思い、問い合わせをさせていただきました。
    弊社では英語を中心にサイトの運営を行っているのですが、その中の調査記事カテゴリでは、様々なジャンルの調査結果の記事を公開しております。
    こちらのページ( https://hitononayami.com/golf-survey/ )では弊社独自に行った、ゴルフに関する調査結果を掲載しております。
    主に、どの程度の練習でスコア100を切ることができるのか?などのアンケートを基にした調査結果を掲載しており、この調査結果を、幅広いゴルファーに届けられればと考えております。
    またこのような調査結果を掲載することで、御社のページの信頼度も向上するかと思い、問い合わせさせていただきました。
    引用のリンクを張っていただければ、こちらの調査結果を使用していただいて問題ありませんので、是非ご検討ください。

    また、今後もこのような調査結果を掲載していく予定ですので、是非ご確認ください。( https://hitononayami.com/category/survey/ )

石川県金沢市香林坊1-2-40

 石川県教育会館1階 (香林坊大和 隣)

 

平日 9:00~20:00

土日・祝日 10:00〜18:00

*予約制

店休日:不定休

駐車場:完備

 

 

Phone : 076-214-8475

090-9024-9858

*施術につき電話応対が難しくなっております.メッセージを残していただくか【お問い合わせフォーム】↑をご利用ください.

また当店の公式LINE】↓のご利用が便利です.

友だち追加

Mail :septkiraku@gmail.com

メディア紹介


鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

↓ コラム ↓


スポーツにおける『腰を落とせ』の危険性

漫画 『SLAM DUNK』 より
漫画 『SLAM DUNK』 より

スポーツ現場でよく『腰を落とせ』という言葉を耳にします.

この言葉の危険性について解説します.

 

まずここでは腰を落とす目的を,【重心を低くするため】として解説します.

もし他の理由が考えられるようでしたらコメントをお願い致します.

 

スポーツの場面で重心を低くするのは,クイックネスにとても有用で素早く動くためには必要な条件です.

しかし,【重心を低くする】ことを『腰を落とす』と表現するとクイックネスの向上を阻害したりケガを助長したりする恐れがあります.

 

『腰を落とす』と『重心を低くする』の違い

具体的に両者の違いを説明します.

違いというよりは,【重心を低くする】事に【腰を落とす】事も含まれます.

腰を落とすというと多くの場合,下の図のようになります.

一方でスポーツにおける基本姿勢の【アスレティックポジション】はおおよそ下の図です.

続きを読む 0 コメント

本当に体が柔らかくなるストレッチ!ポイントは神経??

ストレッチしても全然体が柔らかくならない!

そんな人はいませんか?

それは実はポイントがちゃんと押さえていないストレッチをしているからなのです.

 

兎にも角にもまずやってみましょう!

本当に効果があるかどうか見るために,まず床から指が何cmまで前屈出来るかを測って⇓の動画の一番目のストレッチだけやって再び前屈してみてください.

どれくらい指先が床に近づくでしょうか!?

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

背中が曲がってしまったり,腰が斜めに向いたりすることが多いのでそこさえ注意すればかんたんに出来るストレッチかと思います.

そして一番大事なのはストレッチの効果ですね.

5cmくらいは柔らかくなった人が多いと思います.

なかには10cmくらい変わる人もいるはずです.

 

普段のストレッチでは柔らかくならないのに,なぜ効果があるのかを解説しましょう.

柔軟性 ストレッチ 柔らかい体

前屈の体の柔らかさ,【柔軟性】とは何で決まるのか?

前屈する場合の体が『固い』理由は,

  • 神経の長さ
  • 筋肉の長さ
  • 関節自体の固さ

におおよそ分類されます.

上の図の色の部分と照らし合わせるとわかりやすいと思います.

 

体の固さと言うとついつい『筋肉が短くなっている』とか『関節が固い』などと言ってしまいがちですが,必ずしもそうではありません.

女性の場合,関節は柔らかいですが前屈が出来ないという人も多いです.

つまり【関節そのものの固さ】と【前屈の柔軟性】は必ずしも一致しません.

 

近年『体が固い』という人のほとんどは神経の影響を受けていることが多いようです.

なのでまず神経の長さを調節することが体を柔らかくする必要な条件であると言えます.

 

上の動画の一番目のストレッチがそれに当たります.

【神経フロシング】という概念になりますが,神経の滑走性や長さを調整することで神経をより動きやすくしてあげることが出来ます.

前屈の柔軟性だけでなく【肩こり】などにも応用出来ます.

 

 

神経の長さを調節した上で筋肉のストレッチを行うので,筋肉のストレッチにも必然と効果が現れやすいのです.

 

ストレッチを継続すれば間違いなく前屈の柔軟性は向上しますので1日1回を目安にやってみましょう!

腰痛のある方にもオススメですよ.

 

また肩こりや首の症状でお困りの方はこちら⇓のコラムも参考にしてください.

 

肩こりや猫背に悩んでいる人に!その理由と対処法

 

0 コメント

理学療法士と鍼灸師から観た【トリガーポイント】と【ツボ(経穴) 】

今回は【トリガーポイント】と【経穴(ツボ)】について解説してみます.

最初に書きますが,ある手術の操作中の研究では,筋膜に対する刺激はほとんど痛みを感じないと結論つけられています.

より深く痛みや体の構造から考察し直したため,今まで考えられてきたトリガーポイントの概念を覆す形になりますが,トリガーポイントの考え方に疑問や違和感を持っている人には読んでもらえればふに落ちる部分があるはずです.

トリガーポイントとは?

トリガーポイントの定義は,“筋硬結と関連がある,筋における非常に過敏なスポット”とされています.

この概念は1942年にJanet G. Travell医師によって考案されたそうです.

あくまでも概念でありイメージング研究でもトリガーポイントの存在は証明されていません.80年近く前の概念が,医学的な発展を迎えた今でもほぼ変わらずに存在し続ける事の影響力は非常に大きいと言えます.

トリガーポイントの一例を図示します.

1及び2の✘印を刺激すると対応する1,2の赤い領域に反応が現れる事を示しています.

 

経穴(ツボ)とは?

経穴は以下のように説明されています.

経穴 (けいけつ) とは、中医学、漢方医学、経絡学の概念で、身体表面の特定の部位に指圧、鍼、灸で刺激を与えることで体調の調整、諸症状の緩和を図れるとするものである。一般には「ツボ」とも呼ばれる。筋筋膜性疼痛症候群(Myofascial Pain Syndrome)におけるトリガーポイント(例えば腰痛の原因となる筋・筋膜内の好発部位)と大半が一致する。偽の刺激よりも真の経穴への刺激の方が効果は高い。” Wikipediaより

 

続きを読む 0 コメント

無回転シュートの蹴り方〜説明されない【足首】と【身体の傾き】〜

ブレ玉の蹴り方

・足首に力を入れる⇐かなり強く

・体幹の傾きを維持

他にも

  • 中心を(ボールの芯)を蹴る
  • まっすぐ押し出す

など他の蹴り方の説明でもありますが,自分で試した所それだけでは蹴れないという実体験も踏まえて考察した結果,ブレ玉を蹴るには,【足首】と【体幹の傾き】この二つの意識が重要なようです.

 

あと前提としてインステップに近い部分で振り向く無回転の蹴り方です.

インサイドに近い振り方の場合は少し変わります.

詳しく解説していきましょう.

ブレ玉解説

ブレる理由

続きを読む 0 コメント

美容鍼に合わせて行いたい日常の注意点

美容鍼をご利用の方にはなるべくお伝えしてるのですが,伝えきれてない事もあるかも知れないのでここでまとめてみます.

 

日常生活の中での少しの習慣を見直す事で美容面や体調面に変化がありますので是非試してみてください.

美容鍼 健康

食事が重要!身体は食べ物から出来ている!

まず大事なのは,食べ物です!

身体は食べ物からできているので

  • どれくらいの量か?
  • 何を食べたか?
  • 何を飲んだか?

によって,体調や美容に大きく影響します.

 

体重の管理,ダイエットだと考えやすいですね.

『食べれば太るし食べなければ痩せる』

遺伝的体質によって個人差はありますが,基本的にはこの原則です.

 

【何を】というのももちろん大事です.

栄養素はおおよそ,炭水化物・タンパク質・脂質で大別されます.

それぞれの割合がどうなっているかでも身体への影響は変わります.

 

炭水化物ばかりだと血糖値が上昇しやすく,高血糖の環境に慣れてしまうと血糖のコントロールが難しくなり糖尿病を引き起こしかねません.

 

タンパク質が不足すると筋肉が分解されてしまうため,同じ体重でもしまりのない緩んだ身体になってしまいます.病的に不足すると浮腫みなども引き起こす可能性があります.

 

脂質はg当たりのカロリーが最も大きいので,脂質を多く含んだ食事を続けると太ると言われます.

ただし,重要な細胞膜を構成するのは脂質であるため,脂質がないと組織が健全に保てない可能性もありますので脂質も大事な栄養素です.

最近はω-3脂肪酸としてアマニ油やエゴマ油,魚油などが注目されていますね.同じ脂質でも内容によってまた違います.

 

 

エゴマ油
健康面で有用とされるえごま油(無農薬栽培)

美容という意味合いで考えれば,それぞれの栄養素をバランス良く が大事ですが,現状の平均的な食事から考えると,炭水化物を少なめにタンパク質を意識して摂りましょう.

エゴマ油もあると一番ですが,まだ良質のエゴマ油は手に入りにくい状態ですので,魚類を意識して摂るようにしましょう.

ビタミンや他のミネラルも大事ですので,サラダや海藻類も忘れないように.

 

もちろん個人の健康状態によって違いますので注意が必要ですが,食事の注意を続ければお肌のハリやうるおいが変わってきますよ!

美容鍼で皮膚表面の血流が良くなって潤ったお肌も続きやすいです.

 

 

 次は水分についてですね.

よく『2ℓを目安に水分を摂る』と言いますが,まさにその通りです.

 

夏場は暑かったり,脱水や熱中症のニュースも多いため水分摂取は進みますが,寒くなってくるとどうしても水分の摂取は減ります.

この時期は暖房などで乾燥もしますから,水分摂取が減っているのにあいまって肌のうるおいが失われがちです.

肌のうるおいがなくなると,皮膚のバリア機能も下がるためニキビなど吹き出物も出やすくなります.

また,脱水状態になると身体が水分を蓄えようとして浮腫みやすくもなるので,肌のうるおいのためだけでなく水分を摂る事が大事です.

 

さらに水分が少なくトイレに行く回数が減ると身体の老廃物がたまり思わぬ体調不良を引き起こします.

実際に経験した話だと『尿酸値が上がり痛風になりかけた』とか『胆石が発見された』などがあります.

 

水分摂取は習慣としないとなかなか難しいので,例えばですが,

  • 食事の際に必ずコップ1杯水を飲む
  • 午前中と午後にコップ1杯飲む
  • お風呂と寝る前に1杯飲む

など決まりごとにしておくと一定量の水分摂取が期待出来ます.とてもおすすめの習慣です.

便秘も解消される事が多いですよ.

 

続きを読む 0 コメント

球速・飛距離アップ!野球,ゴルフなど決められた場所でパワーを生み出す方法

野球 ゴルフ バッティング ピッチング 投球

バッティング,ピッチング,ゴルフスイングの原則

ゴルフスイングは基本的に両脚が動かない状態で行います.

野球のバッティングもボックス内で,スイング中は一歩踏み出すだけの決められた範囲です.

ピッチングも同様にプレートに足を付けた状態から,一歩踏み出すフォームです.

 

この決められた範囲で出来るだけ大きいパワーを生み出す必要があります.

そのパワーを生み出す方法について解説します.

 

野球やゴルフで悩んでいる人は↓も是非

【投球全体の詳しい解説】⇒理想の投球フォームとは

【バッティングについての解説】⇒バッティングフォームの科学

【ゴルフスイングについて】⇒スコアアップのためのスイングバッティングとゴルフスイングの違い~スライスに悩む人へ~

投球・【投げる】から球速を生むパワーの源を考える

それでは本題に.

いかにパワーを生み出すかについて【投球】を例にします.

野球と比べた時,同じ動作でもある程度自由に動ける【クリケット】での投球を観ます.

続きを読む 2 コメント

バイオメカニクスから考えるゴルフスイング~最速,最短で85切るまでのスコアアップ~

スコアアップのために必要なゴルフスイングの科学

ゴルフ スイング タイガーウッズ

スコアアップを目指すゴルファー向けのコラムです. 

技術的な要素は80後半までが目安.

 

前半はゴルフ初心者のために,80台を目指すゴルファーにもスイングの見直しにおすすめです!

 

飛距離を伸ばすためのパワーの作り方は↓を読んでください.

飛距離を1ヤードでも向上させる下半身の使い方

 

野球経験者ででスライスに悩む方は↓が参考になります.

バットスイングとゴルフスイングの違い〜スライスの理由〜

 

 

最短最速の上達ために必要な意識

・グリップはストロングに!

・ダウンスイングからインパクト直前まで肩関節外旋を維持する!

・骨盤と上部体幹の捻転差を作る!

続きを読む 1 コメント