理想の投球フォームの科学~球速と障害予防の両立~

野球 ピッチング 投球フォーム 理想

理想の投球フォームは球速も速く,野球肩・肘の予防にもなる!

理想の投球フォームを創る

このテーマを目指して投球フォームを科学します.

科学的でスポーツ医学にも沿った内容になります.

 

 

随時最新のデータや情報を更新しますので,

チェックを忘れずに!

 

 

  • ボールを速く投げるためには・・・

 現在,日本で最速は2016年のクライマックスシリーズで大谷翔平選手の投げた165㎞/hです.

アメリカメジャーリーグでは,チャップマン選手が106m/h(約171㎞/h)を記録しているというものですが,非公式となっています.

 

物体が速く動くということは物理的に運動量が大きいということです.

ボールの重さは一定なため,大きな運動量を与えるにはの大きさとその時間が関係します.

 

ボールにより大きな力を加え続けることです.

 

 ピッチングでは時間が限定されているため,

その時間内に効率よくボールに力積を与える必要があります.

 

ボールに与えられる力は,

  • ワインドアップからの右脚の蹴りだし
  • 股関節の捻り
  • 全身にかかる重力
  • 身体の捻り,肩の捻り
  • 肘の伸び
  • 肘から先(前腕;ぜんわん)の返し
  • 手首の曲げ

があります.

 

 これら一つ一つをアクセラレーションのフェイズで,

効率よくボールに伝達出来れば球速は大きくなります.

 

では,それぞれ力を観ていきましょう.

右脚の蹴りだし・股関節の捻り


 

 

身体全体を投球方向に押し出す力です.

股関節がしっかり働く必要があり,プレートを使用する場合股関節を外に開いてから後ろに蹴る力が必要になります.

具体的には画像の動きです.

ピッチングフォーム 股関節
右股関節の外旋・外転・伸展の動き

この時,右足部はプレートで固定されているため,

相対的に骨盤や体幹が捻りながら前方へ押し出される運動になります.

ピッチング フォーム きれい 野球
股関節で骨盤を回転させながら前方へ押し出す

下のイラストのように,膝を内側に入れて身体を倒すようにしているフォームを見かけますが,

右股関節の力を充分に発揮できていません.

骨盤を捻る力が小さくなります.

野球 ピッチングフォーム 投球
右膝が内側に入り重心だけに頼った骨盤・体幹の移動

身体に対する重力


 

右足を支点にしているところから重心が投球方向に移動すれば,身体が投球方向に倒れる力が発生します.

ヤジロベーの要領です.

 

これも投球方向へ押し出す力となります.

 

以前の投球フォームはこの力を重視し,

腰を低く投球することが指導されていました.

 

野球 ピッチングフォーム 腰
左脚の膝が曲がり腰の位置が低い

近年,膝に土が付いているピッチャーは見かけなくなりました.

 

重力の力を変換し,右脚での蹴りと左脚での‘つっぱり’が

球速アップに必要なためです.

身体の捻り


骨盤の回転を含む身体全体の捻りです.

重心が前方移動している力を左回転への力へと変換し,

さらに胸椎での左回転を行うことで力を上乗せします.

 

重心が前方移動している状態で,左脚を突っ張って左股関節の位置を固定する(下図①)と骨盤は左へ回転(同②,③)しようとします.

これが右脚での蹴り出した力を身体の捻る力へと変換するわけです.

 

左脚が支えきれないことや,腰を落とそうと大きく曲がってしまうと

身体が流れたようになり,力の変換にロスが生じます.

 

骨盤が回転しさらに胸椎の左方向への捻りを加えることで力はさらに大きくなります.

投球フォーム ピッチング 股関節 理想
①から②,③へと力の向きが変換される
投球フォーム ピッチング 骨盤 理想
側方から観察 左脚を突っ張るイメージで骨盤を回転させる

さらにその力を胴体に伝え左に捻ることで,

右肘が充分に前に出てリリースポイントもバッターに近い位置になります.

野球 ピッチング 投球 フォーム
野球 ピッチング 投球 フォーム

肩の捻り


身体の捻りが始まると右腕は相対的に,後ろ方向に動くことになり後ろへ倒れます.

ここから肩を元に戻すように捻る力と肘を伸ばす力が加わります.

 

ここで肩を捻る力が優先されれたりタイミングが早かったりすると,肩や肘に負担がかかりやすくなります.

 

上の写真はピッチャーのリリースですが,肘はほとんど伸びています.

 

下の図のように肘が曲がった状態で,

腕を前に倒すようなイメージを持っている人もいると思います.

これが肩・肘を痛める原因でもあります.

 

 

野球 ピッチング 投球 フォーム
肩の捻りのみの動き

ボールスピードに及ぼす影響は,一般的に肩の捻りより肘を伸ばす力の方が大きいと言われ,

 

肩の捻りがスピードに関係する投球フォームは,身体への過剰な負担を与えることになります.

肘の伸び


身体の回転で発生した力をさらに増大させるように,肘を伸ばす力を加えます.

胴体の捻りが充分ではないと,肘の伸ばす力は投球方向へ働きません.

 

投げるという動作で腕の意識が強すぎると,身体の捻りが充分でなく力の発揮されません.

身体の捻り,肩の捻り,肘の伸ばしそれぞれを意識する必要があります.

 

投球フォーム リリース
チャップマン選手のリリースは約30cmも前の足より前方 しっかり体幹が回転しており投球側の肩が前方にある

肘から先(前腕;ぜんわん)の返しと手首の曲げ


肘から先の動きは分けて考えるのが難しく,前腕の返しと手首の曲げはほぼ一体です.

 

掌が内側を向いた状態から外側を向くように前腕を捻ります.

この動作がないと効率的に手首を使えなくなります.

 

投球やラケットを用いる競技でよく言われる‘スナップ’です.

 

投球では動きが小さく動作を確認しにくいですが,

バドミントンなどの競技を観察するとこの前腕の動きが反映されています.

 

打った面がフォロースルーで一度身体の外側を向きます.

右利きなら右側です.

これは掌が内から外を向く動作で,これと同時に手首が曲がることで一番効果的に力を発揮することが出来ます.

 

 

投球 ピッチング フォーム リスト 手首
手首が内側から外側に向きながら曲がる
野球 ピッチング 投球フォーム リスト
リリースからフォロースルーは掌が右側を向く

手首は前腕を固定した状態でただ曲げるだけでは速く動きません.

前腕の返しと手首の曲げを同時にさせると速い手首の運動が実現できます.

 

‘手首を使え’と言われ手首だけを意識すると動きがギクシャクし効率的に運動が実現されないため,

肘から手首までの動きもしっかり見直す必要があります. 

 

指のリリース後の動きも,しっかり腕が振れているか確認できます. 

ストレートですが,リリース後,親指が中に入り人差し指や中指に握りこまれるようになっていると

腕の振り方,手首の使い方が正しいと確認出来ます.

 

投球 ピッチング 指
親指が人差し指に握り込まれる
投球 ピッチング フォーム 指
親指が握りこまれていない

カーブのように親指が掌の外にある場合は,

腕の振り方や手首の使い方が間違っており,

野球肘のリスクが高くなります.

これらが一連の投球で必要な事項です.

 

特に意識されにくい部分は,

  • 右脚の蹴り出しから身体の捻り
  • 肘の伸び
  • 前腕の返し

だと思います.

 

投球動作は,

  •  ‘手投げはだめ’
  • ‘身体を使え’
  • ‘身体の開き’
  • ‘肘の下がり’
  • ‘スナップを使え’

 

など指導されますが,具体的でないため選手自身もどうしてよいかがわかりません.

 

 

筋力や身体の柔軟性も必要ですが,身体の部位によっての使い方を理解する必要が球速アップの近道です!

 

まずは‘投げ方’を身に付けてみましょう.

野球肩,野球肘の予防


ここからは,【ケガをしない】投球フォームです.

野球肩と肘の予防に主眼を置いたフォームを解説します.

 

まず重要なのは各フェイズでのタイミングです.

投球フォーム ピッチング 野球肩 予防

最初にチェックするポイントは左足が着地した瞬間,

右手が真っ直ぐ上を向いていることが大事です.

投球フォーム フットストライク ピッチング
左脚が着地したタイミング

この時に前腕が垂直に立っていないと,

腕の捻りが急速に行われ,肩や肘へのストレスが大きくなります.

投球 ピッチング フォーム
肩関節の外旋から内旋の動き

肩関節の外旋(図では腕が後ろに倒れる動き)から内旋(腕が前へ倒れる動き)への切り替えしが短い時間になってしまい,

内旋への大きな角加速度が発生します.

これが野球肩や野球肘の原因となります.

 

もう一つこのタイミングで重要なのは身体の向きです.

このタイミングで胸が3塁側を向いている事が大事です.

野球 投球 フォーム
チャップマン選手のフォーム

チャップマン選手の投球フォームです.

左投げのため反対ですが,胸がキャッチャーではなく1塁側に向いています.

 

このタイミングでキャッチャーの方を向いてしまうと‘身体が開いた’状態になり,

肩や肘に牽引のストレスがかかりやすくなります.

次はそこに至るまでの肘の位置です.

コッキング終了までに肘が上がりすぎないことが大事です.

野球 投球フォーム ピッチング
右肘が肩より下

 

このフェイズで肘が上がりすぎると,胸郭出口症候群になるリスクがあります.

腕全体の痺れがあったりする人は注意が必要です.

 

さらに肩峰下部にもストレスがかかりやすい肢位であり,肩の炎症を引き起こすこともあります.

 

投球側の肘の引き過ぎにも注意しましょう.

投球 野球 ピッチング フォーム
肘を後ろに引いているように見えるが,右肩と左肩の延長線に肘があり,身体の後ろ側には引いていない.

フォームを大きくしようとして,肘を肩から後ろに引いている選手を見かけますが,

肘を身体の面より後ろに引き過ぎると,肩前方の組織が弛緩して Internal Impingement の原因となります.

インターナルインピンジメント 野球肩
インターナルインピンジメントの模式図

肘を後ろに引くのではなく,体幹を回旋することでフォームを大きくしましょう.

続いて,Accelerationです.

 

気を付けるポイントは,上記パフォーマンスの内容と同様なのですが,

追加する部分は  ‘肩甲骨の位置’  です.

 

身体と腕の位置が見た目上同じでも,肩甲骨の位置によって

肩関節にかかる負担は大きく変わります.

 

姿勢が悪く肩甲骨が前外側に傾くと,

相対的に肩関節が水平外転位になります.

投球フォーム 野球
正しい位置の肩甲骨
野球肩 肩甲骨 フォーム
肩甲骨が前外側に傾いている

図の赤い線腕の骨の角度に注目してください.

肩甲骨が正常な位置だと,腕を身体の真横にあげても肩甲骨面と上腕骨の角度は30°程度です.

 

肩甲骨が猫背のように丸くなると,肩甲骨面と上腕骨の角度が大きくなります.

 

この状態では,上記のImpingementを誘発し,

Accelerationの強い力が,腱板や関節唇に発生し野球肩の原因ともなります.

 

肘の高さも影響します.

コッキングでも述べたように ‘肘下がり’ が悪いと言って肘を挙げればよいという訳ではありません.

基本的には左右の肩の延長線が正しい位置です.

 

オーバー・サイド・アンダースローで ‘何が違うか’ というと身体の軸です.

投球フォーム オーバースロー
オーバースロー
ピッチングフォーム サイドスロー
サイドスロー
野球 フォーム アンダースロー
アンダースロー

それぞれ骨盤の角度も影響しますが,

肘の位置はほぼ左右の肩を結んだ延長線上にあります.

体幹の軸をどのように傾けるかが,投げ方に違いを与えています.

必要な関節可動域


ここからは投球に必要な関節可動域(ROM)を見ます

執筆中・・・


このテーマに賛同下さる方,遠慮なくコメントお願いします.

 

伴に理想のピッチングフォームを造り上げましょう.


パフォーマンスアップにはコントロールも必要!

コントロールの調整にはこの方法が効果的↓

石川県金沢市 スポーツと身体のケアなら 

Sept. Conditioning Lab. 㐂楽 鍼灸整体院

石川県金沢市香林坊1-2-40

 石川県教育会館1階 (香林坊大和 隣)

 

9:00~(予約制)

駐車場:1台 

不定休

 

Phone : 076-214-8475

090-9024-9858

*施術中は電話対応ができないことがあります.メッセージを残していただくか【お問い合わせフォーム】↑をご利用ください.

また当店の【公式LINE】↓のご利用が便利です.

友だち追加

Mail :septkiraku@gmail.com

メディア紹介


鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」

↓ コラム ↓


無回転シュートの蹴り方 説明されない【足首】と【身体の傾き】

ブレ玉の蹴り方

・足首に力を入れる⇐かなり強く

・体幹の傾きを維持

他にも

  • 中心を(ボールの芯)を蹴る
  • まっすぐ押し出す

など他の蹴り方の説明でもありますが,自分で試した所それだけでは蹴れないという実体験も踏まえて考察した結果,

ブレ玉を蹴るには,【足首】と【体幹の傾き】この二つの意識が重要なようです.

 

あと前提としてインステップに近い部分で振り向く無回転の蹴り方です.

インサイドに近い振り方の場合は少し変わります.

詳しく解説していきましょう.

ブレ玉解説

ブレる理由

続きを読む 0 コメント

美容鍼に合わせて行いたい日常の注意点

美容鍼をご利用の方にはなるべくお伝えしてるのですが,伝えきれてない事もあるかも知れないのでここでまとめてみます.

 

日常生活の中での少しの習慣を見直す事で美容面や体調面に変化がありますので是非試してみてください.

美容鍼 健康

身体は食べ物から出来ている!

まず大事なのは,食べ物です!

身体は食べ物からできているので

  • どれくらいの量か?
  • 何を食べたか?
  • 何を飲んだか?

によって,体調や美容に大きく影響します.

 

体重の管理,ダイエットだと考えやすいですね.

『食べれば太るし食べなければ痩せる』

遺伝的体質によって個人差はありますが,基本的にはこの原則です.

 

【何を】というのももちろん大事です.

栄養素はおおよそ,炭水化物・タンパク質・脂質で大別されます.

それぞれの割合がどうなっているかでも身体への影響は変わります.

 

炭水化物ばかりだと血糖値が上昇しやすく,高血糖の環境に慣れてしまうと血糖のコントロールが難しくなり糖尿病を引き起こしかねません.

 

タンパク質が不足すると筋肉が分解されてしまうため,同じ体重でもしまりのない緩んだ身体になってしまいます.病的に不足すると浮腫みなども引き起こす可能性があります.

 

脂質はg当たりのカロリーが最も大きいので,脂質を多く含んだ食事を続けると太ると言われます.

ただし,重要な細胞膜を構成するのは脂質であるため,脂質がないと組織が健全に保てない可能性もありますので脂質も大事な栄養素です.

最近はω-3脂肪酸としてアマニ油やエゴマ油,魚油などが注目されていますね.同じ脂質でも内容によってまた違います.

 

 

エゴマ油

美容という意味合いで考えれば,それぞれの栄養素をバランス良く が大事ですが,現状の平均的な食事から考えると,炭水化物を少なめにタンパク質を意識して摂りましょう.

エゴマ油もあると一番ですが,まだ良質のエゴマ油は手に入りにくい状態ですので,魚類を意識して摂るようにしましょう.

ビタミンや他のミネラルも大事ですので,サラダや海藻類も忘れないように.

 

もちろん個人の健康状態によって違いますので注意が必要ですが,食事の注意を続ければお肌のハリやうるおいが変わってきますよ!

美容鍼で皮膚表面の血流が良くなって潤ったお肌も続きやすいです.

 

 

 次は水分についてですね.

よく『2ℓを目安に水分を摂る』と言いますが,まさにその通りです.

 

夏場は暑かったり,脱水や熱中症のニュースも多いため水分摂取は進みますが,寒くなってくるとどうしても水分の摂取は減ります.

この時期は暖房などで乾燥もしますから,水分摂取が減っているのにあいまって肌のうるおいが失われがちです.

肌のうるおいがなくなると,皮膚のバリア機能も下がるためニキビなど吹き出物も出やすくなります.

また,脱水状態になると身体が水分を蓄えようとして浮腫みやすくもなるので,肌のうるおいのためだけでなく水分を摂る事が大事です.

 

さらに水分が少なくトイレに行く回数が減ると身体の老廃物がたまり思わぬ体調不良を引き起こします.

実際に経験した話だと,尿酸値が上がり痛風になりかけた,とか胆石が発見された,などがあります.

 

水分摂取は習慣としないとなかなか難しいので,例えばですが,

  • 食事の際に必ずコップ1杯水を飲む
  • 午前中と午後にコップ1杯飲む
  • お風呂と寝る前に1杯飲む

など決まりごとにしておくと一定量の水分摂取が期待出来ます.とてもおすすめの習慣です.

便秘も解消される事が多いですよ.

 

続きを読む 0 コメント

球速・飛距離アップ!野球,ゴルフなど決められた場所でパワーを生み出す方法

野球 ゴルフ バッティング ピッチング 投球

バッティング,ピッチング,ゴルフスイングの原則

ゴルフスイングは基本的に両脚が動かない状態で行います.

野球のバッティングもボックス内で,スイング中は一歩踏み出すだけの決められた範囲です.

ピッチングも同様にプレートに足を付けた状態から,一歩踏み出すフォームです.

 

この決められた範囲で出来るだけ大きいパワーを生み出す必要があります.

そのパワーを生み出す方法について解説します.

 

野球やゴルフで悩んでいる人は↓も是非

【投球全体の詳しい解説】⇒理想の投球フォームとは

【バッティングについての解説】⇒バッティングフォームの科学

【ゴルフスイングについて】⇒スコアアップのためのスイングバッティングとゴルフスイングの違い~スライスに悩む人へ~

投球・【投げる】から球速を生むパワーの源を考える

それでは本題に.

いかにパワーを生み出すかについて【投球】を例にします.

野球と比べた時,同じ動作でもある程度自由に動ける【クリケット】での投球を観ます.

続きを読む 2 コメント

よく分かるゴルフスイング~85切るまでならコレでいける~

スコアアップのために必要なスイング

スコアアップを目指すゴルファー向けのコラムです

 

技術的な要素は80後半までが目安

 

前半はゴルフ初心者のため、

80台を目指すゴルファーへ、前半部分もスイングの見直しにおすすめです!

 

飛距離を伸ばすためのパワーの作り方は↓を読んでください.

飛距離を1ヤードでも向上させる下半身の使い方

 

ゴルフクラブについて

 

まずはゴルフクラブ

基本的にクラブは新しい物がいいですが,

ゴルフを始める人にとって新品のクラブで始める方は少ないでしょう.

選べるのであればより新しい物で,

ドライバーなど【メタル】は大きめのヘッド,シャフトは人によりけりですが固すぎず柔らか過ぎなければ大丈夫です.

反対に柔らかいものや固いもので特性を理解して振るようにすればゴルフは早く上達します.

 

アイアンはキャビティタイプが良いです.

スイートスポットが広めでショットが打ちやすく、ミスが出にくいのでモチベーションの維持にも良いですね!

ゴルフアイアン

キャビティタイプ

クラブの後ろが凹んでいる

ミスショットが出にくい

マッスルバックタイプ

クラブが平ら

操作性は良いがミスショットしやすい


キャビティはヘッドが大きく当たって飛ぶスイートスポット(芯)が広いので,スイングが安定しない初級者でも打ちやすいのがポイントです.


マッスルバックはヘッドが小さのでスポットは小さいですが,操作性が良いためボールの方向性やボールの曲がる量をコントロールしたいゴルファーなど上級者に向くと言えます.


以前プロはほとんどマッスルバックでしたが,キャビティとマッスルバックの中間のハーフキャビティを使う選手も多くなりました.

個人的にはマッスルバックの見た目が好きです!

 

ゴルフスイングについて

続きを読む 0 コメント

神経リリース 〜新しい身体へのアプローチ〜肩こり・腰痛などに

神経リリース 概説

末梢神経 腰痛 肩こり

神経リリースとは?


【骨格調整】と【神経フロッシング】,【ストレッチ】をメインとした神経に対するアプロー
神経の圧迫や伸長ストレスから解放する事が目的

神経リリースの適応は?


続きを読む 0 コメント

お肌のシワの原因は?毎日3分で出来るシワ予防

顔のシワは美容とって大きな課題です.

ではシワが出来てしまう原因はなぜでしょうか?

 

シワと言っても原因はいくつかあります.

多くは加齢とともに肌のハリが失われ,たるむ事によってシワになる事です.

この場合,こまめに肌に栄養や刺激を与えてあげる事で少しでも肌のハリを維持する事が重要です.

次は浮腫みですね,浮腫みがひどくてもたるみと同様のシワが出来てしまいます.

浮腫みの対処方法については,こちら⇒【顔の浮腫みに効くフェイシャルマッサージ】を参考にしてください.お顔がすっきりしますよ!

 

そして忘れがちですが,一番若い時からも起こりやすいのが,筋肉が縮んでしまう事で起きるシワです.

これは私が一番予防してもらいたいシワの原因になります.

加齢も影響しますが,若年からシワになるため早めの対処が大事なのです.

 

では筋肉が縮む事が原因のシワとはどういう事でしょう?

表情筋 顔 美容 筋肉

顔の筋肉のイラストです.

筋肉が原因で起こるシワの多くは,

  • おでこ
  • 目の周り
  • 口の周り

です.

おでこから注目していきましょう.

おでこの筋肉は縦に走っていますね.

その筋肉が縮んだとすると上下から皮膚が寄せられるようになります.

これがおでこの横シワになります.

 

目の周りはどうでしょうか?

目の周りには.円の形をした筋肉があります.

これが縮む事で,皮膚が目の中心に寄るようになり,余った部分が目じりや目頭のシワになります.

さらに皮膚がたわんで部分は目の下のシワとなります.

 

口周りは多数の筋肉が付いていますね.

頬骨から口元の筋肉が縮むと嫌な【ほうれい線】となってしまいます.

アゴの真ん中の筋肉が縮むとゴルゴ線なんかにもなったりします.

ボトックス ボツリヌス

筋肉が縮んだ事が原因の『シワ』に対すしてよく知られる対処法は,

筋肉を緩めさせる注射ですね,ボツリヌスを打つ事で筋肉を緩めてシワを取るという手段です.

ただしボツリヌスの効果は約3ヶ月程度,効果が切れるとまた固くなってシワになったり,

筋肉が働かなくなる事で表情が不自然になったりしてしまいます.

 

筋肉が固くなってしまう原因として,顔の筋肉は積極的にストレッチが出来ないからです.

身体の筋肉はストレッチをすれば少しでも柔らかくなるイメージがありますよね,

顔はそのように出来ません.

厳密に言えば,『眼瞼拳筋』というまぶたを挙げる筋肉を使う事で,目の周りの筋肉をストレッチは出来ますが,

とても難しく要領を得るのが大変です.

続きを読む 0 コメント

顔の浮腫みに効くフェイシャルマッサージ

美容鍼 マッサージ 小顔 フェイシャル

朝起きて,『目が腫れぼったい』とか『顔が浮腫んでパンパン』という経験ありますよね...

大きめのスプーンを当てたりする対処方法は知られています.

 

今回その浮腫みをとる効果を最大限にする3分で済むマッサージを紹介します.

浮腫んでいるとは?

’浮腫んでいる’とはどういう事かというと,身体の水分が皮下の組織に溜まっている状態です.

 

ある程度の水分は必要なのですが,必要以上になると浮腫みとして現れます.

通常水分は血管から組織側に移動します.

そして組織で余分な水分は【リンパ管】へ移動し,最終的にまた血管へと戻るようになっています.

 

何らかの理由で,組織の水分が多くなると浮腫みとなります.

この原因は,

  • 血管からの水分移動が多くなる
  • リンパ管への水分の移動が少なくなる

事です.

 

予防法は様々ですが,すぐ出来る対処法としては,

組織に溜まっている水分をリンパ管側に押し流してあげる事が一番です.

そのために,まずはリンパ管の機能を改善させてあげるとさらに効果的です.

 

血液は,心臓の拍動による圧力で血管中を流れるようになっていますが,

リンパには,水分を押し流す力はほとんどありません.

これが浮腫みなりやすい理由でもあります.

 

ただし,リンパ節にはモーターのような機能があり,リンパ管中の水分を押し流す働きがあります.

ですのでまずリンパ節の働きを活性化させない事には浮腫みは取れにくくなります.

リンパ管 フェイシャル 美容法

顔の図になりますが,緑色の線がリンパ管になります.

緑色で丸くなっているところがリンパ節です.

 

特に大事なのは目の近くにリンパ管ですね,そこに関係する目の下と耳周りのリンパ節を活性化すると目の腫れぼったい感じはだいぶすっきりします.

あごのリンパ節もフェイスラインが整うので押さえておきたい場所です.

続きを読む 0 コメント